野球用語の解説

野球の守備位置(ポジション)や役割って何?わかりやすく説明します。

野球 ルール

こんにちは!ピカキチです!

野球って9人で行うスポーツですよね。

9人それぞれの選手が守ているポジションは名前がついています。

野球を見てて、誰がどこを守っているかわかりますか?

スコアボードの選手の名前の上に書いてある数字!

あれが守備位置を示しているんです!

また、どこの守備位置がなんの役割をしているかも細かく説明していきますね!

それでは早速、守備位置(ポジション)や役割について説明していきますね!

スポンサーリンク




 

野球の守備位置(ポジション)について

守備番号って何?

野球 ルール 守備位置

野球の守備位置をイラストにしたのが上の絵です。

一番左にある数字が守備番号で、球場のスタメン選手の上に書いてある番号です。

野球 ルール 守備位置

ピカキチはカープファンなので、広島カープのスコアボードを載せます!(笑)

後攻の広島カープは、

1番バッター 田中 守備位置『6』 なので ショート!!

2番バッター 菊池 守備位置『4』 なので セカンド!!

3番バッター 丸  守備位置『8』 なので センター!!

4番バッター 鈴木 守備位置『9』 なので ライト!!

5番バッター 松山 守備位置『7』 なので レフト!!

6番バッター 安部 守備位置『5』 なので サード!!

7番バッター エルドレッド 守備位置『3』 なので ファースト!!

8番バッター 磯村 守備位置『2』 なので キャッチャー!

9番バッター 大瀬良 守備位置『1』 なので ピッチャー!!

ということです。

実際にスコアボードを見てみるとわかりやすいですね!

 

内野と外野って?

内野は、本塁(ホーム)から3塁(サード)を結んだ線で囲まれた正方形の区域のことです。

内野の守備をする選手を内野手といいます。

内野の外は外野で、外野を守る選手を外野手と呼びます。

内野手は、

ファースト、セカンド、ショート、サード。

外野手は、

レフト、センター、ライト。

また、ピッチャーとキャッチャーはバッテリーと呼びます。

スポンサーリンク



 

守備位置の役割は?

ピッチャー

野球 ルール ピッチャー

守備番号:『1』 漢字:『投手』 英語表記『P』

野球はピッチャーとキャッチャーがいてゲームが成り立ちます。

すなわち、ピッチャーが勝敗のカギを握ります。

ピッチャーはキャッチャーに投球し、ストライクボールを有効に使い、バッターと勝負します。

また、多彩な変化球を使い、バッターをアウトに導きます。

当然、その日の調子により、コントロールが良い時もあれば悪い時もあります。

このピッチャーに求められるスキルは、コントロール・球速・変化球・度胸ですかね!

ゲーム開始からマウンドに上がる『先発』

先発と交代し、試合の中盤を投げる『中継ぎ』

ゲームの終盤で試合を締めくくる『抑え』

とピッチャーの中にも色々な種類があります。

また、チームや監督から絶大な信頼を得ているピッチャーを『エース』と呼びます。

 

キャッチャー

野球 ルール ファースト

守備番号:『2』 漢字:『捕手』 英語表記『C』

陰ながらピッチャーを支えているキャッチャー。

キャッチャーはピッチャーが投げる球を捕球するポジションです。

バッターの特徴やピッチャーの調子を分析して、投げるコースを決めたり、どの変化球をピッチャーに投げてもらうか一球一球考えています。

また、守備位置の指示を出すなどいわば、司令塔の役割を果たします。

守備のリズムを作る重要なポジションなんですね!

また、2塁に走ったランナー(盗塁)をアウトにするため、早くて鋭いボールを投げる肩も必要です。

キャッチャーに求められるスキルは、捕球力、分析力、統率力、肩力ですかね!

 

ファースト

野球 ルール ファースト

守備番号:『3』 漢字:『一塁手』 英語表記『1B』

打ったバッターが一番最初に踏むベースがファーストベースです。

その打ったバッターをファーストベースでアウトにするためになくてはならない存在のファースト。

バッターが打ったボールを内野手が取り、ファーストへ投げます。

ファーストがボールをキャッチし、バッターより先にベースを踏むと『アウト』になります。

イマイチわからない人はこの記事を読んでみてください。→『アウト』と『チェンジ』について

内野手が投げたボールを取ることがメインなので、少々守備に自信がなくてもOKです。

なのでバッティングを期待されている選手が守ることが多いですね。

ファーストに必要なスキルは、捕球力、打撃メインですかね!!

スポンサーリンク



 

セカンド

野球 ルール セカンド

守備番号:『4』 漢字:『二塁手』 英語表記『2B』

内野手の要であるセカンド。

セカンドはとにかく動き回らなくてはいけませんし、ボールもよく飛んでくるので守備もうまくないといけません。

1塁や2塁ベースに行ったり、外野手が投げたボールの中継に行ったり。

ランナーがどこにいるか、バッターが打った打球の行方によって動く場所が変わってきます。

セカンドは遠くまで投げることがほとんどないので、肩力に自信がなくてもOKです。

セカンドの選手はなぜかバントがうまい傾向があります。

セカンドに求められるスキルは、柔軟性、瞬発力、判断力、守備力ですかね!!

 

サード

野球 ルール サード

守備番号:『5』 漢字:『三塁手』 英語表記『3B』

右バッターの場合、痛烈な打球が飛んでくることが多いサード。

早い打球を怖がらずに、しっかりとキャッチしファーストに投げなければいけません。

ファーストに向かって投げるのに内野の中で一番遠いのがサードで、度胸と肩力が必要ですね。

それにバントの場合、全力でボールを追いかけ、素早く投げなければいけないので瞬発力と俊敏さが必要です。

サードに必要なスキルは、度胸、肩力、瞬発力、俊敏さですね!!

 

ショート

野球 ルール ショート

守備番号:『6』 漢字:『遊撃手』 英語表記『SS』

セカンドと同じく守備の要であるショート。

セカンドと同じで、ショートは内野の中でよくボールが飛んできます。

また、2塁や3塁のベースカバーや、外野の中継に行ったり動き回らなければいけません。

三遊間(サードとショートの間)のボールをショートが取る場合、逆シングルと言ってグローブを反対向きに取ります。

などなど高度なグローブテクニックや足を踏ん張る力も必要で、華麗な守備を見せる内野手の華ですね。

ショートで必要なスキルは、安定した守備力、瞬発力、機動力ですね!!

スポンサーリンク



 

レフト

野球 ルール レフト

守備番号:『7』 漢字:『左翼手』 英語表記『LF』

ランナーの進塁を最小限に抑えるレフト。

サードやショートが取れない打球をレフトが取ります。

主に右バッターが打った打球がレフトに飛ぶことが多いですね。

内野手よりもボールを追いかける範囲が広くて、投げる距離も長いため、走力と肩力が必要です。

レフトがエラーをしてしまったら、ランナーをどんどん次の塁に進塁してしまうので、エラーをしたらお終いというプレッシャーもあります。

レフトに必要なスキルは、走力、肩力、捕球力ですかね!!

 

 

センター

野球 ルール センター

守備番号:『8』 漢字:『中堅手』 英語表記『CF』

外野手の中で一番守備範囲が広いセンター。

レフトやライトに打球が行った時もセンターはボールカバーに行かなければいけません。

バッターが打った打球を前後左右どっちに動くかを瞬時に判断しなければいけません。

走攻守の揃った選手が必要です。

センターに必要なスキルは、打球の判断力、肩力、走力ですね!!

 

 

ライト

野球 ルール ライト

守備番号:『9』 漢字:『右翼手』 英語表記『RF』

バックホーム送球が重要なライト。

バックホームとは、相手に得点を与えないための重要な送球です。

ライトは3塁ベースに遠いので、送球コントロールが難しいので、攻撃側は得点圏にランナーがいる場合、攻撃側は少しでも進塁しやすくするためにライト方向に打球を飛ばそうとします。

なので、ライトを守っている選手は肩が強く、送球コントロールが良い選手が守っています。

メジャーリーグのイチロー選手もライトを守っていましたね!

イチローのレーザービームをみたことがありますか?

見たことがない人は一度youtubeで見てみてください。

ライトで必要なスキルは、肩力、守備力ですかね!!

スポンサーリンク



 

まとめ

【野球のルール】守備位置(ポジション)や役割について説明していきましたが、いかがでしたか?

守備において全体的に肩の強さが必要なポジションが多いですね!

また、守備によって、足の速さが必要だったり、俊敏さが必要だったり、場所によって様々ですね!

興味のある選手がどこの守備で、何が得意か調べてみたら面白いでしょうね!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

<<目次に戻る>>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。