全12球団のカレンダー情報をまとめたよ!
子育て

子供の風呂嫌いを克服する7つのやり方~パパ編~

こんにちは!イクメンを目指すピカキチです!

この記事を読んでほしい人
  • 子供の風呂嫌いを克服したい
  • ママが外出中でもパパと楽しくお風呂に入ってほしい
  • ママが家事をしている間にパパとお風呂に入ってほしい
  • パパとお風呂入ることを嫌がるから克服したい

子供のお風呂嫌いって1回ぐずりだしたらもう止められませんよね・・・

近所の人からから虐待しているの??と疑われそうな気がしてしまうくらいギャン泣きで・・・。

脱衣所に行って洋服を脱がせるところから泣いてしまったり・・・

僕の子供も風呂嫌いだったし、なんせパパとお風呂に入りたがりませんでした。

そこで僕は試行錯誤を繰り返し、今では子供たちと毎日楽しくお風呂に入っています。

その試行錯誤したイクメンを目指すピカキチの結果をまとめました。

 

スポンサーリンク




子供はなぜお風呂を嫌うの?

子供がお風呂を嫌う理由

ピカキチが思う子供がお風呂を嫌う理由
  • シャンプーが嫌い
  • 遊んでる途中なのに中断される
  • 石鹸の触感が気持ち悪い
  • お風呂が熱い

ここに本文を入力

だから子供にとってお風呂に入るメリットって全くないんですよね。

どんなにママやパパが

「お風呂に入らないと体が痒くなっちゃうよ~」とか言っても子供にとってはデメリットの方が多いのでお風呂に入ろうとは思いませんよね・・・。

この中で一番子供にとって嫌なことは、『遊びに夢中になっているのに中断される』ではないでしょうか?

僕はこのことに注目して子供をお風呂好きに変身させました!

 

すべてを遊びに変える

お風呂の中で

①頭を洗う→②体を洗う→③顔を洗う→④お湯に浸かる

この順番をすべて遊びに変えてしまうんです!

この方法で、お風呂の中で泣くことはなくなりましたね!

今でも毎日楽しくお風呂に入っています。

スポンサーリンク




お風呂に入る前から嫌がった時の対処法

お風呂に入る前からりたくない!とぐずってしまった場合はどう対処すればいいのでしょうか?

お風呂に入る前が一番肝心ですよね。

風呂に入る前にギャン泣きされたらお風呂の中で子供が立ち直ることはそうそうないですし、一回泣いてしまったらなかなか泣き止みませんよね。

ですが、これから説明するやり方で実際子供達と楽しくお風呂に入っています。

ですが、毎日同じやり方ですと子供たちは飽きてしまうのでちょくちょくやり方を変えていきましょう。

 

おもちゃで誘う

水にぬれてもいいようなおもちゃを持って、「お風呂場でこのおもちゃで遊ぼうや!」と言ってみましょう!

僕の子供は最初は乗り気でしたが、2週間ほどでおもちゃ作戦は通用しなくなりました。

 

YOUTUBEで曲を流し、行進しながらが脱衣所へ

子供が好きな曲ってあると思います。

僕の娘はプリキュア、息子はアンパンマンが大好きです。

ここでのポイントは「風呂入ろうかぁ」とも言わずに、いきなり子供の好きな曲をかけることです。

そしてそのままゆっくり行進し、「みんな!ついておいでぇ」

みたいな感じで子供たちと一緒に行進して脱衣所へ向かいます。

あとは、みんなで踊りながら洋服を脱いでいきます。

これでみんなすんなりお風呂に入ってくれます。

ちなみに僕がよく使っているYOUTUBEの動画はこれです!

 

パパがおじいちゃんのマネをする

ん?これどうゆうこと?って思うでしょうね!(笑)

これはいきなりパパがおじいちゃんみたいに猫背になってゆっくり歩いて

「わしゃ、風呂に入りたいからゆっくり押してくれんかのぉ」と子供たちに言ってみましょう。

すると、子供たちは面白がっておじいちゃんのモノマネをしているパパをゆっくり押してくれます。

その流れで脱衣所に行き、服を脱がせるというやり方ですね。

ここでは恥を捨てましょう!(笑)

スポンサーリンク




①楽しく頭を洗う方法

頭をお湯で流す時には優しく声掛けをする

お風呂で泣く子供はほとんどが頭にお湯がかかるときだと思います。

頭を洗うときに泣いてしまう子供さんの場合、参考にしてみてください。

頭を洗うときは、いきなりお湯をかけないでください!

かならず「頭にお湯をかけるよ~~」と言ってお湯をかけてあげましょう。

そうすることで、子供はお湯をかけられる大勢になります。

ですが、頭にジャーーっとかけるのではなく、

まずは顔にかからない程度に頭の後頭部あたりだけお湯をかけます

そして、泣かずに我慢出来たら誉めてあげましょう。

「すごいねぇ!今頭にお湯かけたけど、頑張ったねぇぇ」みたいに。

すると子供は自信につながります。

そして徐々に顔にかかる程度にお湯を頭にかけていきます。

泣きそうになったらちょっとアドバイスしてみるのもいいかもしれません。

「手を目にあててみたら大丈夫だよー」みたいな感じで。

頭を流すときは、遊ぶというよりも声掛けで安心させることが大事ですね。

 

頭を洗うときは遊びながら洗う

子供はシャンプーが嫌いですよね。

眼に入ったら痛いし、ずっと目を閉じることも難しいですもんね。

この目をずっと閉じれないというのを逆手にとって、遊びながら頭を洗うことを考えたんです!

それは、

子供のシャンプーのついた髪でアトムやサザエさんの髪型を作る!!

これです!

僕はよくアトムの髪型を作って、子供と一緒に鏡で見て大笑いします!!

そして、アトムの髪型を作っている時に、子供は髪の毛をなんかされているなぁぁとなんとなく感じているので、

「今ね、○○ちゃんの髪の毛で面白いもの作ってるよーー。あとで鏡で見てみようよ」

というとさっきまで泣いてた子供はピタッと泣き止み、見たい見たい発言!

鏡を見て普段の髪の毛とは違い、ダイナミックなボリューミーな髪型になっているから子供は思わず大爆笑。

これで髪の毛を洗うのは苦になりませんでした。

最近はちょんまげもしています。

毎日同じ髪型にしちゃったら飽きて楽しくなくなるので、

「明日はどんな髪型にする?」とか「ママに面白い髪型ないか聞いてみよっか」とか会話を盛り上げましょう。

ママとの会話のネタにもなりますね!

スポンサーリンク




②楽しく体を洗う

先ほどのボンバーな髪型を体験した子供の機嫌は最高潮!!

そして、体を洗う時に強引に洗ってしまうと、さっきまでの楽しい時間は台無しになってしまいます。

ここでも、遊び心を忘れずに楽しく体を洗う必要があります。

普通は体から洗うんですが、泣き出したりぐずったりした場合はまず足の裏から洗いましょう。

足の裏は非常にくすぐったいです。

なので、洗い始めをまずくすぐったい足の裏から攻めることによって、機嫌がよくなります。

子供さんがある程度理解できるようになれば、お互いの身体を洗いっこしてもいいですね!

 

 

③楽しく顔を洗う

眼に石鹸が入ってしまったらかなり痛いです。

子供にとって、目に石鹸が入ってしまったらそれだけでトラウマになり、なかなか顔を洗おうとしません。

子供が頑なに石鹸を顔につけさせてくれない場合は、まず自分のほっぺに泡をちょんっと少しだけ付けます。

そして、「どう?パパかわいい?(笑)」みたいな感じでまずはほっぺに泡がついていたらかわいいということを共感してもらいます。

んで、ちょっとつけてみる?と投げかけます。

すんなりいけばいいのですが、嫌と言われたら、そこでやめましょう。

ここで無理に顔に石鹸をうけようとするとかえって逆効果です。

もし無理ならこのくだりを何日か続けましょう。

そうすると心を開いてくれます。

僕の子供は2週間ほどかかりましたね。

 

④楽しくお湯につかる

ここまでくればもうパパとお湯につかることは簡単だと思います。

ですが子供の感情は豊かで、今まで順調でも最後のお湯につかるときに嫌がってしまうことだってあります。

子供は嫌という感情を全面に出して成長していきます。

ですが、おもちゃが出てくるバスクリンをお湯に投げてあげればすぐに喰いついてお風呂に入ってくれます。(笑)

ですが、毎日買っていたらお金がとてもじゃないけど足りないので、ない時にはないと言います。

で、考えたのが市販のバスクリン。

これを子供に入れさせてあげると喜びます。

子供は肌が敏感なので、大人が使う量よりも少なめにしましょう。

ちなみに僕が普段使っているのはこれです。

【3個セット】水族館・バスボール2※ゆうパケット不可【おもちゃ 入浴剤 セット バスボール イルカ くじら サメ 海 カメ マスコット フィギュア 香り付き バスボム】サンタン 特価

価格:1,021円
(2018/6/27 23:42時点)
感想(0件)

【3個セット】マイメロディ・バスボール3※ゆうパケット不可【おもちゃ 入浴剤 セット バスボール Mymelody マイメロ サンリオ sanrio うさぎ マスコット フィギュア 香り付き バスボム】サンタン 特価

価格:1,254円
(2018/6/27 23:42時点)
感想(0件)

 

娘と息子二人いるので、今日は水族館!今日はマイメロちゃん!という感じで分けています。

スポンサーリンク




まとめ

子供の風呂嫌いを克服する7つのやり方についてご紹介していきましたがいかがでしたか?

パパが子供とお風呂に楽しく入っていると、ママの負担も軽減しますし、子供たちとのコミュニケーションもとれて一石二鳥です。

子供とのお風呂は正直めんどくさいなぁと思うかもしれませんが、一緒に入ると楽しいですよ!

今まで紹介してきた内容はパパだけではなく、ママにも使えますから是非実戦してみてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。