プロ野球

『オールスター2018』松坂投手(ファン投票1位)の苦悩の人生を振り返る

今回は見事日本プロ野球オールスターゲーム2018セ・リーグ先発投手で先発投手ファン投票1位を獲得した松坂大介選手の苦悩の人生を振り返っていきます。

松坂選手がオールスターに選ばれるのは2006年以来で12年ぶりなんですね!

1980年~1981年生まれのプロ野球選手を”松坂世代”と言うほど松坂選手は大物だったんですね。

やっと松坂選手が返り咲いたというか、、、同年代のピカキチ(ちょっと年下です・・・)にとってはとてもうれしいニュースでした。

それでは松坂選手のプロ野球人生を振り返っていきましょう。

スポンサーリンク




2018年ファン投票では断トツの1位?

投票結果!

マイナビオールスターゲームのファン投票の結果が6月25日に発表されました。

松坂投手は先発部門の中でダントツのファン投票数”1位”でした。

僕の予想では大瀬良投手かなぁぁと思っていたんですけど・・・(広島カープファンなもので(笑)

先発部門の3位までを見てみましょう。

1位 松坂大輔(中日ドラゴンズ) 39万4704票
2位 菅野智之(読売ジャイアンツ) 24万4188票
3位 大瀬良大地(広島東洋カープ) 19万2092票

投票結果を見ると、松坂投手は2位と約15万票の差をつけて堂々の1位です。

僕が予想していた大瀬良投手とは20万票もの差がありましたが、3位に入ってくれてよかったです。

 

なぜ松坂投手がファン投票1位になったのか?

松坂投手はメジャーから日本に帰国後、ソフトバンクホークスに入団したんですが、怪我に悩まされて試合にすらでることができませんでしたよね。

ですが、中日ドラゴンズに入って先発に起用され、見事1勝をつかみ取ることができました。

この時、松坂の輝かしい時代を知っている僕ら世代からその上の方々は本当に嬉しかったと思います。

「あの怪物松坂がついに帰ってきた!!」そう思ったでしょう。

もう一度怪物と呼ばれていたころの松坂が見たい!そう思う人が多かったのだと思います。

また、Twitterでは「#松坂をオールスターファン投票1位にしよう」というハッシュタグがついて拡散されていました。

それでは、怪物と呼ばれた松坂の歴史についてお話していきます。

スポンサーリンク




高校球児時代


高校時代に『平成の怪物』と呼ばれていた松坂投手、実は練習が大っ嫌いだったんです!

ですが2年生の夏、神奈川大会の準決勝で、自分の暴投によってサヨナラ負けをして以来、猛練習するようになります。

補足ですが、芸能人の上地雄輔は松坂と同じ横浜高校で、松坂とバッテリーを組んでいたんですよ!

そして松坂が3年生の時、夏の全国高校野球の準々決勝でPL学園相手に延長17回を投げ切り完投勝利。

この時の球数は250球!プロ野球でもそこまで投げませんよ!

準決勝でもPL学園相手に1イニング登板。

決勝では京都成章相手にノーヒットノーランを達成しました。

夏の高校野球決勝戦でノーヒットノーランを達成した選手は松坂投手を含めて2人しかいないんですよ!

 

 

プロ野球時代


高校卒業後、プロに行くと言って、全球団は松坂の獲得を狙っていました。こんな怪物はめったに現れませんからね!

そして、交渉権を獲得したのは西武ライオンズ!

ですが、松坂投手の本心は横浜ベイスターズに入りたかったそう。。。

「自分の意中の球団は横浜ベイスターズでした」と言っちゃいました。

松坂投手は西武ライオンズに1999年から2006年までプレーして、150キロ以上もでるストレートと鋭く曲がるスライダーを武器にプロ野球界に残る記録を生み出しています。

試合数 勝敗 防御率 タイトル
1999年 25試合 16勝5敗 2.60 最多勝、新人王
2000年 27試合 14勝7敗 3.97 最多勝、最多奪三振
2001年 33試合 15勝15敗 3.60 最多勝、最多奪三振、沢村賞
2002年 14試合 6勝2敗 3.68 なし
2003年 29試合 16勝7敗 2.83 最優秀防御率、最多奪三振
2004年 23試合 10勝6敗 2.90 最優秀防御率
2005年 28試合 14勝13敗 2.30 最多奪三振
2006年 25試合 17勝5敗 2.13 なし

8年間で通算108勝!

2001年の15勝15敗とありますが、松坂はいいピッチングだったんですが西武にとって中々点が取れなかった年だったんですね。

15敗で防御率3.60は素晴らしい成績だと思います。

スポンサーリンク




メジャー時代

レッドソックス時代

ポスティングシステムでメジャーへと米した松坂選手。

間違いなく日本を代表する『エース』がメジャーに行って結果を残せるだろうと世界中が注目していました。

しかし、あまりいい結果を残せませんでしたね。

2006年にボストン・レッドソックスと約60億8000万で契約して注目を集めました。

しかしシーズンが終わってみると、結果は15勝12敗、防御率4.40・・・。

まずまずの滑り出しかな?

2年目の2008年では18勝3敗、防御率2.90となかなかいい調子!

ここから日本のエース松坂がアメリカを唸らせるでぇぇと思っていたんですが、股関節の怪我で一気に登板回数が減りました。

勝敗 防御率
2009年 4勝6敗 5.76
2010年 9勝6敗 4.69
2011年 3勝3敗 5.30
2012年 1勝7敗 8.28

怪我で年々悪くなっていく・・・。

そして2011年にレッドソックスとの契約終了。

怪我が一番の理由だったんだと思いますが、松坂自身の身体の調整の仕方がまずかったのではないか?という意見もあります。

高校まで練習嫌いだったからやはり根本的にさぼる癖がついていたのかもしれませんね。

 

レッドソックス退団後

2013年にインディアンズと契約を結んだんですが、ケガに苦しみ、同じ年に契約解除されました。

その2日後にニューヨークメッツと契約するも、3勝3敗、防御率4.42でまたもや契約解除。。。

そして2014年にメッツと今度はマイナー契約を結びます。

ここでも3勝3敗、防御率3.89でメッツから契約解除。。。

なんか書いていくうちに悲しくなってきます。

ですが、メジャーであきらめなかった精神は男として素晴らしいと思います。

 

 

日本へ帰還

ソフトバンク時代

2015年にプロ野球界に戻ってきました!

待ち望んでいた野球ファン!しかぁぁぁぁし!僕ら野球ファンはびっくりしました!

ソフトバンクと3年契約で12億!!

え?メジャーでケガして治療中なのに12億?マウンド立てるの?

と正直思いました。

そしてリハビリ生活を続ける中で1軍で1イニングだけ投げて「3安打、死四球4、暴投1」という最悪な結果。

それでもまだ球団に居続ける意思を見せてただの給料泥棒やんけ!と言われる始末。

あの平成の怪物もここまで落ちてしまったか・・・と正直思っていました。身体太ったしおいしいものばかり食べてんじゃない?とかも思いました。

中日時代

ソフトバンクとの3年契約が過ぎ、松坂投手は中日の入団テストを受けます。

正直、中日が合格しなければ松坂はプロにはいなかったでしょうね。

案の定、中日は合格を出し、1500万の1年契約。

そして2018年の4月30日にベイスターズ戦に登板し、見事勝利投手に輝きました。

まだ1勝ですが、松坂にとっては大きな1勝ですし、野球ファンからの見る目も変わったのではないでしょうか?

スポンサーリンク




中日ドラゴンズの試合中継を安く見るには?

スカパーのプロ野球チャンネルはプロ野球全試合見れます!

そして、今キャンペーン中でなんと申し込み月はお金が全くかかりません!

スカパーにはアンテナとかチューナーがいるのでは??と思っている人が多いかと思います。

違うんです!光サービスに契約してたら、すぐにスカパーが見れるんです!

もしくは、CS放送が見れればスカパーが見れるんです!

今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込

 

松坂投手がファン投票1位に選ばれたときのTwitterの反応

まとめ

松坂投手のまとめ
  • 高校時代、西武時代は進化し続ける「平成の怪物」
  • メジャーで活躍するも怪我で登板機会が減った
  • プロ野球に戻ってくるもリハビリばかり
  • 中日に入団し、返り咲き始めた

日本プロ野球オールスターゲーム2018セ・リーグ先発投手で先発投手ファン投票1位を獲得した松坂大介選手の苦悩の人生を振り返っていきましたがいかがでしたか?

プロ野球選手にとって怪我というものは人生を大きく左右します。

今現在、ケガと戦っている松坂選手。

松坂選手がオールスターゲームで投げてくれることに期待しましょう!

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。