高校野球

【高校野球】沖縄県は強豪校が多い!優勝回数は?

高校野球 強豪校

夏の全国高校野球選手権大会の沖縄予選では全65校の高校が出場します。

甲子園ではすっかりおなじみになった興南高校の応援スタンドで指揮を取る興南高校のハイサイおじさん。

ですが、沖縄は興南高校以外にも強豪校がたくさんいます。

沖縄ならではの風土なんでしょうね・・・いいキャラした選手が現れますね。

独特な文化を持ちながら、甲子園に『沖縄旋風』をもたらせてくれる沖縄!!

さて、この記事では

  • 沖縄県は春・夏の甲子園で何回優勝しているか?
  • 夏の甲子園出場回数が多い強豪ベスト3
  • 近年の強豪校

をご紹介していきます。

最新の情報が入り次第、随時更新していきますので最後までご覧ください。

【高校野球】沖縄県は甲子園で何回優勝している?

『夏』の全国高校野球選手権大会

優勝 3回 準優勝 0回
1999年 沖縄尚学
2008年 沖縄尚学
2010年 興南高校

『春』のセンバツ高校野球選手権大会

優勝 1回 準優勝 2回
2010年 興南高校 1990年 沖縄水産
1991年 沖縄水産

 

上の表を見てもらったらわかりますが、2010年に興南高校が春夏連覇を果たしています。

この時は史上6校目だったので、驚きましたね!!

ここ20年くらいで一気に甲子園に『沖縄の強さ』を示してきています。

沖縄の強さといえば気候なのだと思います。

冬になって寒くなってくると、ボールを握ったりバッティング練習が圧倒的に減ってしまいます。(寒い中激しい練習をしたらケガをする可能性もあるから)

ですが、沖縄は暖かいからボールを使った練習がほかの都道府県と比べて長いんです!

スポンサーリンク



夏の甲子園出場回数が多い強豪校ベスト3

3位:沖縄尚学

夏の甲子園出場:7回

夏の甲子園で2回も優勝経験を持っている強豪校。

沖縄の強豪校だから、全国からエリートを採用しまくってんじゃないの??って思うかもしれませんが、実は入部する部員の上限が決まっているそう。

だから、少ないメンバーでみっちり練習メニューを組んで選手一人一人を大切に育てているんですね!

他にも柔道や重量挙げ、ボクシングが強いみたいですね。

中高一貫のマンモス校で、大学への進学率も高いです。

主なプロ野球選手
  • 与座海人(埼玉西武ライオンズ)
  • 嶺井博希(横浜DeNAベイスターズ)
  • 比屋根渉(ヤクルトスワローズ)
  • 東浜巨(福岡ソフトバンクホークス)

2位:沖縄水産

夏の甲子園出場:9回

1984年から1988年にかけて5連続甲子園出場を果たしました。

最近では1998年に甲子園に出場したのが最後です。

再び強豪校に名乗りを入れるべく、グラウンドは外野に人口芝生を植え、91年の準優勝メンバーがコーチを務めるなど、野球環境や外部コーチにより復活をサポートしています。

2019年からの地方大会でどれだけ活躍するか期待しましょう!

1位:興南高校

夏の甲子園出場:12回

2010年に甲子園春夏連覇を果たし、沖縄を代表する強豪校になりましたね!

興南高校の監督である我喜屋 優(がきや まさる)監督がすごいんです。

興南高校で選手時代は1968年の50回大会でキャプテン4バンで出場し、沖縄勢初のベスト4まで行ったんです。

その監督が2007年に就任してたった3年で甲子園春夏連覇!!

非常にカリスマ性のある監督です。

沖縄の『なんくるないさぁぁ』ってよく聞く言葉ですよね!

我喜屋監督は『なんとかなるって思っても試合ではなんとかならない!』という考え。

だから、集合時間に遅刻した選手はレギュラーを外したこともあるそうです。

野球のセンスがあっても、社会にとって必要なことは怠らない。そんな精神面での厳しさも興南高校が強い秘密なのかもしれませんね!

甲子園で興南高校のチャンステーマが聞きたいですね!

主なプロ野球選手
  • 島袋 洋奨(ソフトバンクホークス)
  • 大城 滉二(オリックスバファローズ)
  • 高良 一輝(日本ハムファイターズ)

スポンサーリンク



近年の強豪校はどこ?

文句なし!沖縄尚学と興南高校

この2校は沖縄予選で必ず優勝候補に入ってきます。

糸満高校

夏の甲子園出場:1回 春の甲子園出場:1回

2011年の夏に甲子園に初出場しています。

実際は沖縄尚学や興南高校と肩を並べるほど強豪校なんです。

2010年、2014年、2015年、2018年は決勝戦で沖縄尚学と興南高校に敗れています。

糸満の魅力といえば、機動力。

守備からリズムを作り、少ないチャンスを生かして隙のない野球をしていきます。

中部商

夏の甲子園出場:2回 春の甲子園出場:0回

夏の甲子園では勝ちがなく予選敗退していますが、県のベスト4には入ってくる強豪校。

ここぞという時でミスをすることがたまにあり、非常にもったいない。

ですが、沖縄尚学や興南高校と非常にいい試合をするので、守備をしっかりやれば甲子園出場も見えてきます。

私自身で気には中部商を応援しています!!

スポンサーリンク



まとめ

興南高校の春夏連覇から一気に甲子園の常勝校になった沖縄県。

やはり、沖縄の土地柄と野球をする環境がマッチしているんでしょうね!

地方大会でもかなり接戦が繰り広げられていて、バーチャル高校野球でついつい見てしまいますもんね!

関連記事はこちら
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。