全12球団のカレンダー情報をまとめたよ!
副業

副業ブログで記事の書き方・稼げなくて悩んでいるならWEBライターがおすすめ

女性がパソコンで記事を書いている

副業でブログを始めて下記のことで悩んでいませんか?

  • 記事の書き方がよくわからない
  • ブログ収入が少なすぎてもっとお金が欲しい
  • 自分で書いた記事を誰かに添削してほしい
  • ブログのネタが思いつかない

そんな時はブログを続けながらWEBライターをはじめてみましょう。

私はサラリーマンをしながら副業【ブログとWEBライター】をしています。

ブログを始めた頃は記事の書き方もわからず、途中で挫折したことがあります。

ですが、副業でWEBライターをはじめ、現在は会社員・WEBライター・ブログの3つをこなしています。

ブログで悩んでいるならなぜWEBライターをおすすめするのか、私の体験談を交えながらお話ししていきます。

この記事の目的

ブログで伸び悩んでいるならWEBライターで知識つけてまたブログ頑張りましょう!

この記事でのWEBライターの定義

WEBライターと言っても内容によって書き方が全然違います。

ニュース記事、コラム、取材、SEO、広告、アフィリエイトなど。。。

ちなみに私はSEOとアフィリエイトの記事しか受けたことがありません。

まだまだ勉強しなければいけないなぁと思っています。

もちろんすべてのスキルを身につけたら最強のWEBライターになれますが、この記事のWEBライターの定義は

「主にSEOやアフィリ記事を書くWEBライター」

としています。

初心者でも始められるWEBライターの内容と言えば、SEO記事、アフィリエイト記事かなぁと思います。

WEBライターを通してSEOやアフィリエイト記事の書き方を学べると、自身のブログにも役立ちますもんね。

スポンサーリンク


ブログ初心者にWEBライターをおすすめする理由

もう一度言いますが、下記のことで悩んでいる人はWEBライターを初めてみるのもありかなぁと思います。

  • 記事の書き方がいまいちわからない
  • ブログ収入が少なすぎてもっとお金が欲しい
  • 自分で書いた記事を誰かに添削してほしい
  • ブログのネタが思いつかない

私がWEBライターをおすすめ理由は下記のとおりです。

  • 稼いだ分だけお金がもらえる
  • マニュアルが充実していて記事の書き方がわかる
  • 記事構成を添削してくれる
  • 書いた記事を添削してくれる
  • 引用の定義や著作権の法律がわかる
  • 記事を書く習慣が身につく
  • 知らないジャンルも知識が深まる

書いた分だけお金が貰える

あなたは何のために副業でブログを始めましたか?

「お金はいらないけど世界中に自分の書いたものを発信したいんだ!」

という人はほとんどいないでしょう。

副業でブログを始めた人のほとんどは

ブログはアクセスが伸びたらめっちゃ稼げるんじゃね?

アクセスガンガン伸ばして不労所得で安定して副業で稼いでやる!

と思ったのではないでしょうか。

しかし、ブログを初めて記事を書きまくってもPVは増えないし、世間では100記事書いてスタートラインとか言うし続けられるかなぁと感じる人も多いかと思います。

まず、副業をした理由はなんだったのかを思い出してほしいです。

お金儲けのためならブログにこだわらずにほかの副業を探すのもいいと思います。

特にWEBライターは記事を書いた分だけ報酬を得ることができるます。

WEBライターをガチでやると今のブログ収入よりも稼げるでしょう。

マニュアルで記事の書き方がわかる

契約したクライアントにもよりますが、どのクライアントもマニュアルはしっかりしています。

副業でWEBライターを始める人が多く、ほとんどが初心者です。

なのでクライアントは初心者でもわかりやすいマニュアルを独自で作っています。

※個人のクライアントさんと契約したらマニュアルの内容はちょっぴり薄いなぁと感じました。

クライアントによってマニュアルの内容は大きく異なりますが、下記のような内容が書かれています。

  • 導入文が大切な理由やどんなことを書けばいいのか
  • 見出しはどんな風に書けばいいのか
  • キーワードを絡ませた見出しの書き方
  • 引用など著作権の法律について
  • ペルソナ設定について
  • ワードプレスの使い方

など、かなりの有力な情報を読むことができます。

このマニュアルをしっかり理解できれば、自身のブログにも応用できるのではないでしょうか。

ただし、クライアントが一生懸命作ったマニュアルです。

複製などの悪用は絶対にしないでください。

スポンサーリンク


記事構成を添削してくれる

※ただし、クライアントによりけり

記事を書く際に記事構成をしっかり練ることはとても大切なことだと思います。

記事構成とは

  • どんな人に読んでほしいか(ペルソナの設定)
  • 読者の疑問点を理解する
  • この記事を読んでどういう結果になるか
  • 見出しを決める

上記のことを記事を書く前に決めます。

記事構成を考えなかったら、記事を書いていくうちに話が脱線してしまうことが多いです。

また、記事構成がしっかりしていると、文章もすらすら書くことができるでしょう。

私の体感では、記事構成を考えているときと考えていないときはは執筆測度は2倍くらい違います。

それくらい記事構成は大切なことです。

クライアントもキーワードやペルソナに沿った記事を書いてほしいので、ライターの記事構成を確認することがあるでしょう。

※記事構成を確認しないクライアントさんもいます。

記事構成を添削してもらうことのメリットは

  • ペルソナを意識した記事が書ける
  • 読者の悩みを解決する記事が書ける
  • 話が脱線しない記事が書ける

ブログを書く上で絶対に押さえておきたい内容ですね。

記事構成を添削しないクライアントの場合でも記事を書く前に記事構成を意識しましょう。

記事を提出して大きな修正が無い場合、あなたの記事構成は問題なかったと思っていいでしょう。

書いた記事を添削してくれる

WEBライターが書いた記事はクライアントが必ず添削します。

  • 文章がわかりづらい
  • 誤字脱字がある
  • 文法が違う

など、文章のスペシャリストがあなたの書いた記事を添削してくれます。

そうすると、読みやすい記事を書けるようになります。

引用の定義や著作権の法律がわかる

WEBライターとして記事を書く時に、他サイトの記事を参考にすることがあるでしょう。

また、公式ホームページの文章を引用したり、図や表を参考に記事を書く場面もあります。

この際に【引用】【参考】【参照】【出典】を使い分ける必要があります。

勝手に他サイトの写真や図をコピーして自分が書いた記事に貼り付けると著作権の侵害で訴えられる可能性があります。

著作権を侵害していたらクライアント側は大ダメージです。

なので引用などの定義はしつこいらい説明されると思います。

わからないことがあればクライアントに聞いたほうが良いですね。

著作権の知識が身に付くと、ブログにも活かすことができます。

記事を書く習慣が身につく

追い込まれないと作業が進まなくないですか?

私はブログをスタートさせたとき、ついダラダラしてしまってなかなか記事をかくことができませんでした。

WEBライターは記事の納期が決まっているので、期日までに必ず仕上げなければいけません。

そうすると、記事を書く習慣が自然と身に付いてきます。

私はWEBライターをやりだして10ヶ月が経ち、ようやくWEBライターとブログを両立しています。

追い込まれないと作業ができない人はぜひWEBライターを初めて見てください。

知らないジャンルも知識が深まる

ブログのメリットは自分が得意とするジャンルを書くことができることです。

しかし、自分から勉強しようと思わない限り、他の分野の知識は身に付きませんね。

一方WEBライターは、クライアントからキーワードを渡され、全然興味のないジャンルの記事も書くことがあります。

自分の書きたい記事が書けないことはWEBライターのデメリットのように感じるかもしれません。

しかし、考え方によっては興味のないジャンルの記事を書くことは大きなチャンスです。

興味のないジャンルの記事を書くときは当然調べますよね。

調べたら知識が身に付きます。

興味のないジャンルの知識が身に付くということは、自分の知らない世界の知識を広げることができるので、それをブログに活かすことができます。

WEBライターで新しく知識を深めた分野をブログでさらに深堀りすることもできます。

WEBライターで記事を量産していくことで、ブログのネタも増えていくでしょう。

スポンサーリンク


ライター経験をブログに活かせたこと

男性がカフェでブログを書いている

WEBライターの経験でブログに活かせたことはかなりたくさんあります。

ブログに活かせたことを3つに厳選してお伝えします。

記事を書くスピードが上がった

私がWEBライターで記事を書くときに意識していることは、「時給でいくら稼げるか」です。

記事を早く書き上げれば、時給は上がります。

WEBライターを始めた当初よりも記事を書くスピードはかなり速くなりました。

調べものが少ない時は1時間で2000字程度かけるようになりましたね。

もっと早くなるように日々奮闘しています。

書くジャンルが広がった

WEBライターをしていると、自分が知らないジャンルの記事を書くことが多いです。

むしろ自分の得意とするジャンルはほとんどないです。

(僕の経験不足かもしれませんが…)

自分が知らないジャンルは本を読んだり、ネットの有力な情報を精査して勉強して記事を書いていきます。

WEBライターで自分の得意分野以外の記事を書くのは正直しんどいです。

マジで一から勉強しなくてはいけません。

ですが、その分知識も増え、個人ブログで書けるジャンルも広がりますね。

そうすると、ネタに困らない!

ブログを書くことでライターの案件を取りやすくなった

WEBライターで新しい案件に応募するときに自己PR欄があります。

自己PR欄にはこれまで書いた記事や個人ブログを紹介するのが一般的です。

私は個人ブログを書いているのでブログのURLを載せています。

ぶっちゃけ、ブログのURLを貼ったほうが案件の採用率は高いなぁと感じます。

勝手な想像ですが、クライアントさんが使っているサイトってワードプレスが多いイメージなんですよね。

なのでワードプレスの使い方を知っている人の方が入稿や画像挿入まで任せられますよね。

だからワードプレスを使える人の方が採用されやすいのかぁと思います。

自分を売り込むには、知らないよりも知っておいた方が得なんです!

スポンサーリンク


まとめ

副業のブログ初心者が収益に悩んでいるならWEBライターを初めてみてもいいのかなぁと思います。

理由は下記の通りです。

  • 書いた分だけお金がもらえる
  • マニュアルが充実していて記事の書き方がわかる
  • 記事構成を添削してくれる
  • 書いた記事を添削してくれる
  • 引用の定義や著作権法がわかる
  • 記事を書く習慣が身に付く
  • 知らないジャンルの知識が身に付く

WEBライターは書いた分だけお金がもらえるので、すぐに副業でお金が欲しい方はWEBライターを初めてみてもいいかなぁと思います。

ライター経験をブログに活かせたことは3つあります。

  • 記事を書くスピードが上がった
  • 書くジャンルが広がった
  • ライター案件が取りやすくなった

WEBライターは自分の得意ジャンルで記事を書けるほど甘いものではありません。

むしろ、自分の得意ジャンル以外の記事を書く方が多い気がします。

得意分野以外のことを勉強することはとても大変なことですが、知識はどんどん深まっていくでしょう。

勉強した内容をブログのネタにしてブログをやりつつWEBライターを初めて見るのもいいでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。